6月11日【卒論グループ指導、ディベート準備&ゲストスピーチ】

こんにちは!20期のみうです🍊
昨日から東京も梅雨入りし、気づけば春学期ももう終盤に差し掛かっていることにとても驚いています笑
じめじめな空気に、憂鬱になりがちな季節ですが、私はこの時期だからこそみれる紫陽花が大好きです💘

6月12日の本ゼミについて報告させていただきたいと思います!

まず、4限には、4年生は卒論グループ指導、3年生は7月9日に行われる3ゼミディベートに向けて各班での話し合いを行いました。

ディベートをするからには、やっぱり結果を残したい!という思いから、みんなやる気は満タンで一週間で一番頭を悩ませた時間になりました笑🙃
これからも、お互いの意見を織り交ぜながら最強の立論づくり、ディベート作りができたらいいなと思っています!


上の写真は自分たちの班で、みんなで頭を悩ましてる様子を表したものです🌀
(みんな可愛い❣️)

この先、どう進展していくか楽しみですね!😊

さて、5限目に話を移したいと思います。
5限目は、太田尚樹さん(やる気あり美編集長)をゲストスピーカーとしてお迎えし、「『自分らしく生きる』ってなんだよ」ということについてお話ししていただきました!
まず、一番最初に抱いた感想としては、太田さん最高!ですね笑
とても熱く、ノリが素晴らしく、少しも飽きずにお話を聞かせていただきました✨

山あり谷ありの人生を送ってこられた太田さんだからこそ語れる内容が盛り沢山で、これから社会にとびこもうとする私たちにとって、とても充実したお話でした。
『自分らしさ』って何?、これからどんなことを頑張りたい?、自分が頑張って結果が出なかったらどう評価する?などについて、自分たちも考え意見共有をしました。
頑張る人たちが集まる牛島ゼミだからこそ意見も様々で、自分に厳しい人、頑張った自分を褒めることができる人などまた牛島ゼミの多様性を感じることができました!

また、特に印象に残っていることは、『自分らしさ』というものが、個性と言われるものを持っていることではなく、人それぞれの今までの、そしてこれからの生き方そのものが『自分らしさ』で、自分の思う道をそのまま歩み続ければいいということです。だからこそ、傷つくことや失敗することがあったとしても、そこで自分を問い、歩き続ければいいのだと学びました。

私も、太田さんのように笑顔が素敵で人にパワーを与えられるような人になりたいなと思っています🌻
太田さん、今日は貴重なお話をしていただきありがとうございました!
ぜひ、新宿二丁目にも足を運びたいと思っています!笑

少し長くなりましたが、今日のブログはここで締めさせていただきます。
最後まで読んでいただきありがとうございます😍

タイトルとURLをコピーしました