10月29日 三田祭論文作業!

こんにちは!牛島12期のぶっちーです!

今日のサブゼミでは、三田論の作業の続きということで、皆でデータをピックアップしていく作業をしました。

みなさんがご存じのとおり、今年の三田際論文のテーマは高島平団地の商店街についてです。そのため、今回は、高島平団地内商店街の移り変わりの様子を知るために、高島平新聞を発行している所から過去の商店街の構成の記録を受け取ったものを使いました。

 

時代ごとに、何のお店があったのかを取り上げて分類することで、お店の構成を把握していくのですが、この作業が意外と大変!

何丁目に何のお店があるのか、また年代によってお店の種類も変わっていくので、どのお店がどんな事をしているのか、またそれらはどのお店に分類されるのかを判断するのが困難でした。

 

同時に、ある時代には貸しレコード屋さんがあったのに、いつの時代から無くなってレンタルビデオ屋さんになったのか、また自分たちには親しみを感じないお店がたくさんひしめき合っていたのはいつだったのかなど、その時その時のお店の様子や町の様子が伝わってきます。

自分が担当した年代は結構古かったので、『昭和が舞台の映画の雰囲気はこれか!』と思わせられる場面もありました。2回程、高島平にフィールドワークに行ったので、現在の状態とその頃の状態を想像すると、違いや雰囲気を想像させられて、この作業も結構面白いものです!!

 

さてさて、そんなこんなで、三田祭が近づいてきていますが、このデータ収集やフィールドワークから得たこととかから、どのような三田際論文になるでしょうか??

楽しみですね!

ということで、引き続き、頑張っていこうと覆います!みなさん、楽しみにしていてくださいね!

 

では!

タイトルとURLをコピーしました