10月17日【第2回三田論中間報告】

こんにちは!13期のゆりかです(^^)!

前にブログを書いたのは4月でしたが、もう半年も経つんですね。本当にあっという間です!笑

 

10月17日の本ゼミは第2回三田論中間報告でした。

三田論班が問題意識から問題提起、仮説までの流れをプレゼンしてくれました。

 

写真1

 

今回のテーマは地場産業です!中でも、台東区の地場産業である皮革産業の今後について考えていきました。2週間前の第1回中間発表でのアドバイスを踏まえて、三田論班はテーマや構成を練り直しているようでした。

 

班での話し合いの後、デザイナーやクリエイターと職人の明確な違いや地場産業におけるデザイナー、クリエイターの役割とは何かなど様々な質問があがり、先生や先輩方がたくさんアドバイスをしてくださいました。

 

話を聞いていて、改めて1から論文を書いていくことの難しさを実感しました。ケース&リサーチの時もそうでしたが、問題提起をするのが思った以上に大変だなーと思います。

 

ディベートリーグも終わり、これからはディベート班も三田論に合流します!13期全員で三田論を書き上げていきたいと思います!頑張っていきましょう(^^♪

 

写真2

タイトルとURLをコピーしました