10月3日【ディベート準備】

こんにちは、22期のまゆです!
あっという間に夏休みが過ぎ、早くも10月に突入してしまいました
2022年もあと3ヶ月!1日1日を大切に過ごしていきたいですね

さて、10月3日秋学期第1回サブゼミの様子についてお伝えします。
今学期初めてのサブゼミは、渋沢杯ディベートリーグに向けた立論原稿提出でした。

私たち3年生は、10月16日に実施される渋沢杯に向けて準備を進めています。これは、今年で20回目をむかえた、経済史・経営史分野のゼミを中心におこなわれているゼミ対抗の学生ディベートリーグのことです。
今年のディベートのテーマは「脱炭素化を推進することは、日本経済にとってプラスである」です。脱炭素化とは、カーボンニュートラルを目指すことです。

夏休み中は、そんな渋沢杯に向けてみんなで力を合わせて準備を重ねてきました。その中でも立論原稿は、日本大学、専修大学との2回のオープン戦を経てだいぶ変わったように思います。その日も私が所属する渋沢杯肯定班は、提出時刻ぎりぎりまで修正を重ねていました。本文の誤字脱字から参考文献リストの確認まで、みんなで念入りに確認しました。

提出するときは、肯定側否定側両班ともみんなパソコンの周りに集まり、静かにその一連の流れを見守っていました。提出が完了すると、両班ともおつかれーー!っと盛り上がりの声が聞こえました。

渋沢杯まであと10日ほどです。
悔いなく終われるように最後まで全力で駆け抜けていこうと思います。

そして、秋学期も春学期以上に密度の濃い時間にしていきたいです。
最後までご覧いただきありがとうございました🙇

★ディベート見学会のお知らせ
2022年11月10日(木)5限(18時半終了)三田キャンパス
牛島ゼミについて知りたいと考えている2年生の皆さんに、3年生ディベート班の試合を観戦して頂きます。詳細と申し込みはこちらの記事をご覧ください。
タイトルとURLをコピーしました