〜有難豚命名イベントを開催しました〜

こんにちは!有難豚プロジェクト4年の華乃です。

厳しい暑さが続いた夏も終わりに近づき、過ごしやすい気候になってきましたね。

皆様はどんな夏になりましたか?

例年のように夏を思いっきり楽しむことはできませんでしたが、私は家族と過ごす時間が増えたり、地元の素敵なお店を発見したりと、今年ならではの楽しみ方ができたような気がします。

宮城の養豚場に足を運ぶこともまだまだ難しそうですが、安心して有難豚に会える日が来ることを願って日々活動しております!

さて、本日のブログでは今年度私たちが見守る一頭の有難豚の命名イベントについてご報告したいと思います。

私たちは、7月に産まれた7頭の有難豚姉妹の中からハート模様が特徴の元気な子豚を、応援団の皆様と一緒に見守る子豚として選びました。カメラアピールがとても上手な可愛い子豚です🐖

そして、プロジェクトメンバーだけでなく応援団の皆様と一緒に、選んだ子豚に名前を付けたいという思いから今回の命名イベントを開催しました!

イベントでは、事前に応援団の皆様から有難豚の候補名を募集させていただきました。それぞれの思いが詰まった素敵な名前が沢山ありました。

募集した候補名の中から、9月13日に開催したZOOMでの命名イベントにて、一つの名前を決定しました。

命名イベント当日、有難豚を育てていらっしゃる養豚家の高橋希望さんが、養豚場からZOOMを繋いでくださっており、最初に今年度見守る有難豚姉妹を存分に見ました!

ボールで遊んでいる様子、走り回って楽しそうな様子を見ていると私たちも幸せな気持ちになります♡

子豚さんたちもテンションが上がっていたのか、顔を泥だらけにして遊んでいました!

選んだ子豚だけでなく、他の子豚にもカメラを向けてくださり姉妹の様子も観察しました。外見だけでなく、性格も子豚によってそれぞれです。人間みたいでおもしろいですよね☺︎

子豚の特徴をしっかりと知った上で、ついに候補名の中から一つに決める投票タイムです。

そして今年度の有難豚の名前として選ばれたのは、、、

「はーとん」です!!

”みんなの温かい心をいっぱい受け取った豚さんに育ってほしい”

”ハート模様があるから”

”昨年度のぎゅっとんに続き、最後はとん!”

という様々な由来があります。

早速決まった名前で、画面越しに呼んでみました!

「はーとん!!」

こちらをチラッと見たような気がして、ほっこりしました☺︎

はーとんは、産まれた時の1.5キロから1ヶ月でなんと8キロにまで成長し、命名イベントの日に無事に母豚から離乳もしました。

これからは「はーとん!」と沢山呼んで、成長を見守っていきたいと思います。

↑写真左がはーとん。頬の模様がハートマークに見えます。わかりますか?

また、応援団の皆様とはこのイベントで初めての顔合わせとなりました。最初は私たちも少し緊張していましたが、有難豚の話題ですぐに話が盛り上がり、打ち解けることができました。このように有難豚が繋いでくれた出会いに感謝です。

今後も応援団の皆様が参加することのできるイベントを考え、実行していきたいと思います。応援団への参加方法はこちらをご覧ください。

皆様のご参加お待ちしております!

これからも有難豚プロジェクト&はーとん♡ をよろしくお願いします!

タイトルとURLをコピーしました