4月25日【ディベート準備2】「ディベートはチームでやるもの。」

こんにちは!16期のないとうです。

ゼミ活動が始まり二週間が経ちました。まだまだ三田生活に慣れませんが、おしゃれで美味しい店を開拓するのは楽しいですね!

今日はいよいよ初めての立論中間報告を行いました。

ゼミに入って最初の活動である「ディベート」は多くの人が初心者であり、何をどう始めていけばいいのかも分からず途方に暮れるものです。

その中でもとにかくたくさん集まって案出しをする班や、スカイプ会議をする班、お菓子パーティーをしながら熱い議論をする班など、それぞれの班が各々のやり方で立論準備を進めてきました。

以前から先輩方に、「中間報告の先生は、めちゃくちゃ厳しいことを言うよ」と聞かされており、どの班もかなり緊張しつつ中間報告に臨みました。

写真1 (4)

結論としては、本当に先生は怖かったです(笑)。

立論の一語一句に疑問や指摘をなさいました。返す言葉がなく静かに黙ってしまう班もありました。

いつも学生の親身になって下さる優しい先生ですが、今回は私たちが充実した意義のあるディベートをするために、厳しくも的確な指摘とアドバイスを下さいました。

写真2 (3)

私たちの班では特に「ディベートはチームでやるもの。もっとそれぞれが担当以外の立論を把握するべき。」との指摘をもらいました。

ディベート班はたったの二週間ですがとても仲良くなりました。この良い雰囲気でさらに協力して議論を深められたらと思います!

ディベート本番まで頑張ります!!!

タイトルとURLをコピーしました