10月8日【三田論、始動!】

こんにちは、15期のあやのんです。
10月に入りましたね。
牛島ゼミでは、4日に今年度のディベートリーグ渋沢栄一杯を終えました。

少しだけ振り返りを書きます。

4月に初めてディベートをやり始めてから大会当日まで、本当に長い時間でした。

夏休みに入り本格的に大会準備が始まってからは1日中ディベートのことばかり考えていました。長い時間だったと書きましたが、でも、足りなかったなと感じています。そう感じるくらい、奥の深い競技です。

結果としては私の所属するチームは負けてしまいましたが、誰かと一緒に1つの目標に向かって頑張る経験が大学3年生の今、できたことは本当に良い経験だったなと感じています。一瞬、部活に入ったような気持ちでした。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

さて!今回のゼミでは第2回入ゼミ説明会に向けてと三田祭論文についてのミーティングを行いました。

まず、ゼミ説についてお話しします!

10月10日(土)、日吉キャンパスにて第2回商学部入ゼミ説明会が行われます。全体説明会では代表の1分間スピーチを、個別ブースではJ19にてゼミ員が2年生とお話しするべくお待ちしておりますので、是非お越し下さいね(*^_^*)

次の週の15日(木)、21日(水)のお昼休みには日吉の教室で個別説明会も行われますので、そちらもお待ちしております。

 

写真2 (2)

 

次に、三田祭論文について。

ディベート大会が終わり、ディベート班もいよいよ三田祭論文執筆活動に本格的に参加します。

今回のゼミでは、これまで三田論班が調べてきた「激戦区について」の先行研究やフィールドワークについて説明して貰い、15期全体で意見を出し合いました。

19人という大人数で1つの論文を作り上げていくという作業は初めてなので、不安もたくさんありますが、大人数ならではのメリットを沢山盛り込み、様々な視点の入った良い論文を書けるよう、今から全力でがんばっていきます!

タイトルとURLをコピーしました