6月30日【第二回ゼミ内ディベート】

こんにちは!

14期のそのちゃんです!

6月30日の本ゼミについて書きます。

今日は、ゼミ内ディベートがありました。

(ディベートに関しては、5/8の記事も一緒にご覧ください。)

 

今回の議題は「田中角栄の日本列島改造論は日本経済にとってプラスであったか」です。

このテーマは秋に僕たちが出場する、渋沢杯ディベートリーグでのテーマと同じで

僕たち3年は、これからこのテーマについて突き詰めていくことになります。

試合前の様子を伺うと、約一か月間準備してきた成果を発揮したい、という熱い思いが

みなぎっていることが両チームから感じられました。

これは熱戦の予感ですね・・・。

DSC_0020 (2)

特に4年生にとっては牛島ゼミでの最後のディベートのため、負けられない思いが特に強いのだと感じます。

第一試合は

4年C班(肯定) vs 3年C班(否定) でした。

 

んーなるほど。どちらの論も納得できます。

また反駁(相手の意見に対して反論をするために対立論を立てること)では両チームとも鋭い指摘がありました。

 

ただ、議論の場でやはり4年チームは強かった!!

その後のディスカッションでは、3年チームが必死に守ったものの、

なかなか自分たちの立論の効果を主張させてもらえず、

まだまだ先輩方との力の差を感じました・・・。

この悔しさをバネに、14期(3年)一同、団結して頑張っていきます!

ということで、第一試合は4年C班(肯定)が勝利しました。

 

第二試合は

4年B班(肯定) vs 4年A班(否定) でした。

まず注目していただきたいのが、両チームのカラフル感・・・笑

ここから気合の入り方が違いますね!

DSC_0047 (2)

 

DSC_0045 (2)

外見だけでなく、もちろん議論もかなり熱い戦いだったと感じました。

先ほどの第一試合と似ている部分も多くあるものの、また違った角度から論が展開されていておもしろかったです。

気になる結果は・・・4年A班(否定)の勝ち!!!

みなさんお疲れ様でした。

先輩方、これからは僕たちへの熱いご指導よろしくお願いします。

 

さて、次回は他ゼミとのディベートの試合についてお伝えします。

次の記事も楽しみにしててくださいね。

長い文章になってしまいましたが、ここまで読んでいただき、大変ありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました