5月30日【第一回Independent20’s】

こんにちは、あいけんです!

 

今日は【Independent 20’s】という講演会がありました!!

この講演会では、若くも20代で独立して頑張っている方々をお招きして、経験談をお話しいただいたり、登壇者の方々とのセッションを設けることで、職業上独立することの意義を学ぼうとするものです。

現在、慶應の学生間ではやはり大企業志向が強く、我々が今後の進路や将来を考える上で 視野を広げていくことを考えて牛島先生はこの講演会を企画したそうです!

 

この講演会は3回にわたるシリーズとなっており、今回は“~独立した女性編~”です。

大学卒業後にいったんは就職したものの、その後独立して現在頑張っている4人の女性の方々にお越しいただきました。

登壇者の仕事の内容は、フリーランスライター、Webデザイナー、Photoスタジオ経営とそれぞれ異なっており、その多様性からも今回の講演会が学生の視野を広げる目的であることがうかがえます。

 

さて、本日の講演内容は、初めにご自身の経緯をお話しいただいたうえで

【就活や大学生活】

【フリーになる自信、フリーに向いている資質について】

【今後の抱負、活動のビジョン。結婚について】

のお話をうかがいました。

ちなみに、まとめページのURLはこちらとなっております。

Independent20's 自己実現と経済自立を両立するメソッド―女性編―
【第1回】Independents20's 5月30日(木)@KEIO ・吉川優子さん ・朝井麻由美さん ・公文紫都さん ・田中美子さん

ぜひ、ご参考に!

 

1 (1)

 

また、セッションをする上でコメントや質問を送る際には、なんとTwitterを使います!

ハッシュタグをつけてコメントすることで、参加者でお互いのコメントを見ながら話を聞くことができます。一方的な講演にならないような試みですね!!

詳しい内容は上記のまとめページを見ていただきたいのですが、彼女たちのお話からはフリーランスの方ならではの直感、決断力、つながりを大事にする姿勢や根性が感じられました。

 

ここで今回の講演会において、印象的であった言葉を私の独断で挙げようと思います。笑

 

「Whyを繰り返し考える」

 

「ライフワークとライスワークのバランス」

 

「悩んだら直観も大事。考え悩むことが目的ではない。」

 

「やりたくないことはやりたくない。会社で週5で働く自分は考えられない」

 

「フリーランスはあくまで手段であって目的ではない」

 

「ノーギャラでもいいからとにかく実績を積む」

 

「選んだ道を正解にするように努力すること。」

 

2 (1)

 

 

独立することは、日々自分自身が試されるということである

自分の意識に忠実で直感を信じている。自分が進む道をただ漠然と受け入れない。

皆さんからはそのような印象を受けました。

フリーランスになって大成功しすべてが順風満帆という人の話を聞くのも重要かもしれませんが、独立することの意味を深く考えて理解する上では、今回のIndependent20’s、すごく意義のあるものであったと思います。

 

3 (1)

 

次回のIndependent20’sは6月27日に行う予定です!!

タイトルとURLをコピーしました