10月15日【nyuzemeeting,ディベート・三田論グループワーク】

こんにちは!3年20期のめいです。先週末の第2回ゼミ説明会に参加していただいた皆さん、ありがとうございました!

さて、10月15日の対面ゼミは、nyuzemeeting、ディベート班と三田論班に分かれてのグループワーク、の二本立てでした。

まずは、nyuzemeeting。nyuzemeeting(入ゼミ+ミーティングの牛ゼミ造語)とは、年に何回か行われる3・4年合同の入ゼミ活動についての会議です。第2回ゼミ説明会に向けて、2年生役とゼミ員役に分かれて個別相談会の練習をしました。自分がゼミ選びをしている時を思い出して懐かしくなりましたが、その経験を踏まえてどんな話を2年生が聞きたいのかを意識して練習することができました🙌

私が牛島ゼミに興味を持ったきっかけが第2回ゼミ説明会だったので、私みたいな人が増えたら嬉しいです! 牛ゼミは本当に魅力的なゼミなので、その魅力が2年生に伝わっていたらよいのですが。
11月以降、入ゼミ担当や各プロジェクトが2年生の方に楽しんでいただけるようなイベントをいろいろ企画していますので、そちらもぜひお楽しみに!

そして、nyuzemeetingの後は、ディベート班と三田論班に分かれてそれぞれグループワークを行いました。私たちディベート班は、先輩と最終確認を行ったりフリーディスカッションの練習をしたりしました。相手の立論が強いため、どうすればこちらの主張に優位性があると示せるのか、に関して先輩達と悩みながら考えました。

そして、今日のゼミでとっても嬉しかったこと。それは、同期と先輩からディベ班にお守りと寄せ書きをプレゼントするサプライズがあったことです。本当に嬉しくて、泣いてしまうディべ班メンバーもいました(私もバレないように泣いていました笑)

数ヶ月間のディベート活動では、正直辛いことや大変なことも沢山ありました。でもそれを乗り越えてここまでやってこれたのは、同期や先輩そして牛島先生のおかげです。
私たちディベ班を常に応援してくれる三田論班のみんな、議論に行き詰まった時にいつも相談に乗ってくださる先輩や先生。そんな温かい牛島ゼミが大好きだなと再認識した瞬間でした。

タイトルとURLをコピーしました