10月20日【東京おもちゃまつりに参加!】

こんにちは!!

 

今日はいつものゼミとはちょっと変わった内容をお届けします!

 

先日お邪魔させていただいた“東京おもちゃ美術館”。

今日はそこで行われた“東京おもちゃまつり”にボランティアとして参加させていただきました!!

 

写真1 写真2

 

金曜の準備日を含めて、土曜、日曜と行われたおもちゃまつりは、サポーターである“おもちゃコンサルタント”の皆さんのワークショップや、木育(木のおもちゃで遊ぶこと)を推進するおもちゃメーカーの出店、そしてなぜか大道芸人や縁日の屋台まで!!!笑

一言でいうと“みんなが主役の縁日”のような、そんな楽しい雰囲気につつまれていました。

(↓詳しくはおもちゃまつりのHP参照!!↓)

『東京おもちゃまつり2018』日本中の遊びのプロが大集合!100組以上の出展者が生み出すおもちゃと遊びの大祭典!たくさんの笑顔が生まれる2日間!
東京おもちゃまつりは、全国のおもちゃコンサルタントを中心に、木のおもちゃを扱うメーカー、自治体、さらには遊びに関わる関連企業から大道芸人まで、総勢100団体以上の出展者が繰り広げる、1年にたった2日しか無いおもちゃの大イベントです。

 

写真3 写真4

 

前回のブログ(7月8日参照)でも書いたように、おもちゃ美術館はNPO法人によって運営されています。

なにか企画を行うのにはお金や人手が必要。

そんな普遍的な悩みの種はNPOも学生も一緒。

でもそんなことを感じさせないほど多くの人を巻き込んだこのイベント、我々牛島ゼミ生は学ぶところがたくさんあると思います。

たくさんの人を巻き込むことは別に自分の自己中心ではない。むしろより多くの人と楽しさ、やりがいを共有できるのだからみんなで大きなうねりを作っていくべき。

そんなことをあいけんは個人的に思っていました。

 

館長の多田さんからの最後のあいさつのシーンが↓

 

写真5

 

こうやって見ると、やはりたくさんのボランティアの人たちに支えられているんですね。。。

ディベートの際に学んだ“NPO法人”というものを実際に体感したようで新鮮でした。

 

私個人の担当は会場外の誘導担当だったのですが、来場してくださったお子さんが帰り際に言った「おもちゃまつり楽しかった~、また来る~!」という言葉を聞いたら疲れも寒さも吹っ飛びました!!o( ̄ω ̄*)oほっこり

館長の多田さんがおもちゃ美術館を運営している気持ちを少しでも味わえたような気がして幸せな時間となりました。

ではでは!

 

写真6