FDPの活動日誌_Vol.4 ゼミ員のことどれくらい知ってる?「トリセツWS 18期ver.」

 

こんにちは!FDPのありさです♪ みなさん、いかがお過ごしですか?

ここ【FDPの活動日誌】では、FDPが行った教育現場への訪問(フィールドワーク)やワークショップをはじめとする活動報告を発信しています!日々前進を続けるFDPの成長の軌跡をぜひともご覧ください!

 

さて今回は19期向けプロジェクトガイダンスに向けて、一足先に18期と共にトリセツWSを行いました!!

 

1年間ゼミで共に活動してきた18期ではありますが、同期のことをお互いにどのくらい知っているのでしょうか…?  まだまだ知らない一面もきっとあるでしょう?

(参加者の中には8%くらいしか知らないんじゃ?なんて声もありました笑)

 

そこでもっとゼミ員が自分と向き合い、お互いのことも知るために、今回は皆さんに自分の取扱説明書を作ってもらいました!

今回参加者のみなさんには、常にあなたはどう?ということを意識してもらいました!!

 

まず初めにアイスブレイクとして、日常的なみんなの価値観に触れてもらいました。

お題はこちら↓

・今日のランチの予算はいくら?

・食後のケーキは何を食べる?

・私実は・・・ から始まるカミングアウト(もはや大喜利?)

 

中でも3つ目のカミングアウトは少し難しかったようで、最近のお悩みから目標宣言、周囲も驚きのカミングアウトまで様々盛り上がりました!!

 

続いて本題のトリセツWSへ移ります!(BGM:「トリセツ」西野カナ♪)

今回は表紙含めて4ページ構成のオリジナルトリセツを作ります。

表紙を開いて早速1ページ目は、自分と向き合う、自分の初期設定と構成要素のページです。

調子のよいとき、悪いときや脳内メーカーなどなかなか個性あふれるトリセツをみなさん書いてくれました!!(トリセツの中身、気になる人はぜひ参加者に聞いてみてくださいね笑)

 

続いて2ページ目は使用上のご注意と題して、参加者同士で話し合いながらトリセツ作成を進めていきました。

ここで1つルールが実はあります、それは「トリセツの当事者は自分のトリセツを話し合うタームでは口を挟まない」というものです。このことによって自覚していた昨年度の自分の軌跡と周りからみる自分の印象との違い、もしくは気づいていなかった参加者自身の魅力に気づく時に、自分を客観視して再自覚できるというのがワークのねらい目なのです!

実際に参加した18期も昨年1年を改めて振り返ったり、自分の知られざる一面を同期から聞くことができて満足そうな顔をしていました!また1年共にやってきたから言える、なんて話も出てきたりとかなり盛り上がりました!

 

最後のページは次回仕様と題して、これからの未来についての話へ!

残りの1年ゼミで自分は何を成し遂げたいのか、そのためにどうするのか、理想のチームの在り方とはどんな姿なのか、そんな思いを各々言葉にしてみました。

ワークの締めに、各々のオリジナルトリセツを発表しました!

限られた時間の中でも密度の濃いトリセツをしっかりと作ってくれてFDP一同ほっとしつつ、各々の今後の抱負を聞くこともできて18期の活躍がとっても頼もしいです。

そして私自身も、発表の場で宣言したように今年1年しっかりとFDPで爪痕を残せるように精進したいと思います!!

 

今回のこのトリセツWSが参加者にとって自分と向き合うきっかけや信頼関係を築いていく上でのよい自己開示の場となってくれたら幸いです。

参加者のみなさん、本当にありがとうございました!!

 

タイトルとURLをコピーしました