asano

2018年度座談会・対談記事

2年生が牛島先生に聞きたいこと

今回は、「2年生が先生に聞きたいこと」という趣旨で3つの質問をお伺いさせて頂きました。 1.牛島ゼミのゼミ員の雰囲気 ゼミ選びの一つの軸として、「ゼミ員の雰囲気」は大きな要素だと思います。先生からご覧になって、今のゼミ員(17,18期)ってどんな印象がありますか?...
2018年度ゼミ合宿

【牛の放牧合宿・対談SP・第5弾】 ~鈴木裕士さん・滝田一馬さん編~

現在金谷の移住支援をしている金谷生まれ金谷育ちの生粋の金谷っ子・鈴木裕士さんと、実際に金谷へと移住をした滝田一馬さんにお話を伺いました。 大学卒業後、銀行・旅行会社勤務を経てから30歳で金谷に戻り、家業の「富洋観光開発」で現場に従事した鈴木さん。 そんな鈴木さんは2000年、同社...
2018年度ゼミ合宿

【牛の放牧合宿・対談SP・第4弾】サーフボードがつなげる出会い  ~サーフィンの聖地一宮で生きる匠~

今回の合宿で、私たちの班は千葉県一宮町でサーフボードを作っていらっしゃる前田博之さんのもとを訪れました。 (EVOLVE前で撮影:写真左手がパートナーの河邊さん。右手が前田さん。) 前田さんは独自のサーフボードブランド「EVOLVE」を立ち上げ、サーファー1人1人のニーズに合ったサーフボ...
2018年度ゼミ合宿

【牛の放牧合宿・対談SP・第3弾】 ~かっつぁんさんに学ぶいすみ地域の魅力~

千葉県いすみ市の田舎町にポツンと1軒、こじんまりとしたおにぎり屋さんがある。「おにぎり工房かっつぁん」だ。そのお店はどこか昔懐かしく、まるで実家にいるかのような温かみに包まれ、訪れる人の心に安らぎを与える。そんなお店を営むのが、かっつぁんさんこと、坂本勝彦さんである。 かっつぁんさんは...
2018年度ゼミ合宿

【牛の放牧合宿・対談SP・第二弾】 「いすみに、移住(いすみ)しませんか?」

千葉県房総半島の南東部に位置するいすみ市。周辺3町が合併し、誕生してから14年が経とうとしています。 そんないすみ市は、移住者が多いことで有名な市。 今回は、いすみ市への「移住・定住」の支援活動をされている「NPO法人いすみライフスタイル研究所」(以下いラ研)の皆さんにお話を伺い...
2018年度ゼミ合宿

【牛の放牧合宿・対談SP・第一弾】 ~写真家・飯田裕子さん編~

牛島ゼミってどんな合宿しているのかな? ゼミ選び真っただ中の2年生へ向けて、3年生(18期)合宿係が牛ゼミの合宿を説明いたしましょう!! 牛ゼミ合宿は、「2泊3日のワークショップを設計する」というコンセプトで合宿係がゼロベースでテーマや企画を立て、運営を行います。テーマも自由!その期...
2018年度座談会・対談記事

印象深いエピソード

今回は、「これまでのゼミ活動の中で一番印象に残っているエピソード」を4人のゼミ員に伺いました。 <牛ゼミ活動の3本柱の一つ、ソーシャルプロジェクト活動について> I:私は(全4つのプロジェクトの内)富山県にある限界集落の利賀村っていうところで活動している「トガプロ」に所属しているんだ...
2018年度座談会・対談記事

牛島ゼミの1年間(その2)

>前半へ ―そして夏からは牛島ゼミの特長の一つ、ソーシャルプロジェクトが始まります。 R:プロジェクトとは『社会に対して学生という第三者の立場から、どういうところに課題があるのかを見つけ、それに対して出来ることを探し、アクションしていく活動』です。 N:あと、ゼミの中での位置付けで言う...
2018年度座談会・対談記事

牛島ゼミの1年間(その1)

第一回座談会「牛島ゼミの一年間」 今回は、「牛島研究会ではどんな活動をするのか」について座談会を開催しました。 ゼミ活動を1年終えた、4年生ゼミ員のエピソードを合わせてお届けします。 ―牛島ゼミに入った3年の4月、ディベート活動から始まりましたよね。 K:ディベートは、『お題に対して...
タイトルとURLをコピーしました