慶應義塾大学 商学部 牛島利明研究会

» 14期ゼミの振り返り「ゼミ活動を通して思ったこと」 —塚越編

2月 27, 2016 by     No Comments    Posted under: 2016年度入ゼミブログ

What I learned through Ushijima seminar. -Takumi

Hello, my name is Takumi.

These days I think, wow it’s over already…. It felt long and short at the same time. But I’m glad that I was able to be a part of this seminar. If it were not for this seminar I’m sure I would have spent my years at Mita campus doing nothing memorable.

Through this zemi I was able to learn so many things that most people aren’t able to learn at school. The basics you can learn just attending the weekly zemi. Such as planning accordingly and getting things done as a team. This may sound easy but it is much harder when you actually have to do it. From doing debates I was able to learn cooperating with a team, thinking logically, research skills, presenting and listening skills. All of the things sound tedious at first; however, I was able to naturally learn so many things that will come into use in the near future.

Although most zemis go to cool places like Hakone for their schools trips, Ushijima seminar went to a small town in Toyama prefecture called Togamura. Which would you want to go to? I wanted to go to Hakone. I later heard that the people who went to Hakone were writing papers and preparing for presentations. While they were writing papers I was experiencing how people in the country side live and learning real life problems that will definitely come into use in the future.

To the sophomores still debating which zemi they should join. I think the best way to decide which zemi to join is to think how you want to spend your time at Mita campus. If you want to spend your time at Mita meaningful and trying new things that most people will never be able to experience, I highly recommend Ushijima seminar.

 

14期ゼミの振り返り「ゼミ活動を通して思ったこと」 —塚越編

こんにちは、牛島ゼミ14期のたくみです。

長かったが、短く感じる2年間でした。ただわかるのは、このゼミで良かったということです。ゼミ活動がなかったら、三田での学生生活はこれほど充実していなかったと思います。

ゼミ活動を通して多くのことを学ぶことができました。そして、それらの多くは他のゼミなどでは学べないことだと思います。基本的なことは毎週のゼミで学ぶことができます。例えば、一人ではなく、グループと一緒に作業を進めていくこと。

これは簡単だと思えるかもしれないが、実際にしてみると、そうでもないことがわかる。ディベートを通して、論理的思考力、調査力、プレゼンやリスニングなどを自然と向上することができました。

このような能力を伸ばすのは大変だと思っていたが、ゼミの活動により、自然と身につけることができました。また、これらの多くは社会人になった時に大変役に立つと考えています。

1

友達のゼミは合宿で箱根や軽井沢に行っていたが、牛島ゼミが行くのは限界集落である利賀村でした。正直なところ、友達のことがすごく羨ましかったです。

しかし、合宿後に友達から話を聞いたところ、箱根で夜遅くまでプレゼンの準備などをしていて大変だったと聞きました。私は合宿では都会ではない人達の生活を学んだり、地方にあるものをどのように都会でも活かせるかなどの社会問題を肌で感じていました。

お気づきでしょうか?友達の合宿先は利賀村より楽しそうかもしれないが、普段行っているゼミの活動を別の場所をしているだけで、私は合宿先でしかできないことをしています。私はこれを知った後このゼミでよかったと強く思いました。

ゼミでまだ悩んでいる2年生に対して何か言うとしましたら、ベストなゼミ選びは、自分が三田での学生生活をどのように過ごしたいのかを具体的に考えるべきだと思います。三田で幅広く充実した生活を過ごしたいのであれば、このゼミはあなたに合っていると思います。

2

Comments are closed.

カテゴリー